windsホームへ   windsホームへ
 
ホームコラム>くる
 

このコラムはWinds!(ウィンズ)が厳選した
“天然人”によって作成されている「天然人語」です。

コラムは原則毎週月曜日更新です。


2017年02月27日
くる

今回は一旦書いてから温めてみる。方言には戸惑うことが多いとしても、はたと膝をたたくような表現もあるし、奥深い意味が隠れていることがある。
ここへ来るようになってまず戸惑ったのは、「行く」と「来る」だった。約束していた場所などへは当然「行く」なのに、「三時に来るわ」となる。今でもどうかすると、つっこみたくなる。
これまで、自らその場所に身をおいて「来る」と言っているのかなと解していた。或いは話している相手の立場に立って、主客を逆転させていると感じられる場合もある。
「大和には 鳴きてか來良武 呼子鳥 象の中山 呼びぞ超ゆなる」(『萬葉集』0070)という歌がある。
「太上天皇の、吉野の宮に幸しし時、高市連鄂佑虜遒譴覯痢廚箸覆辰討い襦「呼子鳥」が吉野へとは逆の方へ飛んでいると解せるので、「來良武」は「来らむ」で、山を越えて「行く」と解されている。そこで「いく」を古語辞典で探ってみると「々圓、¬瓩襦廚箸△蝓奈良、平安時代から両義が併存しているらしい。ここでは用例を割愛する。
「いく」に本来「行く」「戻る」の義があるとすれば、「いで−くる」のような語形が考えられて、「い(で)−くる」から「い」が脱落したと考えられないか。これなら、「くる」に「行く」という意味があっても不思議でないし、この辺りの実態にあっているような気がする。
古い家の間取りに「デイ」「デー」などと呼ばれる部屋がある。「デイ」は客間のことで、旧家には「中デイ」と呼ばれる小さめの客間を備えるところもある。いずれも大切な客を迎えて歓待する部屋といってよい。多少不安が残っているものの、私は、この語源が寝殿造りにあった「出居(いでい)」だったと考えている。「出」は「いでず」「いでたり」「いづ」と活用し、その連用形「いで」に「ゐ」という補助の動詞がついたのではあるまいか。主が客を迎えるために出て、しばらくそこで相手をするというような意味だろう。
これでよければ、「いで−ゐ」から「いでゐ」となり、「い」が脱落し「でゐ」となったと考えられないか。
この他にも飛騨、美濃に共通して、「い」が落ちてしまう例がけっこうある。「来てった(来て行った)」、「出てかん(出て行かない)」、「傘をさいてく(傘をさして行く)」、「持ってけ(持って行け)」などの例が思い浮かぶ。これらはいずれも「出て−いかない」「さして−行く」など、「いく」が前の動詞を補助する役割をもっている。ただ「来て−行く」は、動詞の役割が十分残っているような気がする。
以上、「いでい」で語頭の「い」が消え、補助動詞の「い」が脱落するわけだから、この辺りでは「い」が落ちやすい傾向があるのではないか。

髭じいさん

最近のコラム
2017/02/27くる
2017/02/20囲炉裏
2017/02/13一本の電話
2017/02/06「保」のまとめ(下)
2017/01/30つらら


2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
2005年バックナンバー
2004年バックナンバー
2003年バックナンバー
2002年バックナンバー
2001年バックナンバー
2000年バックナンバー
今週のコラムへのご意見・ご感想または
コラムニストへの励ましのメールはこちらまで。

※当日が祝日または予期せぬ事情等により更新が遅れる場合は、火曜日以降になります。


当ページはInternet Explorer4.0以降を推奨しています。


Copyright(C)1999-2013 Winds! All Rights Reserved.
Copyright(C)1999-2013 Winds! All Right Reserved. 文章・写真・イラストの無断転載を禁じます。 Produced by パブリックシステム株式会社