windsホームへ   windsホームへ
 
ホームコラム>雨再記
 

このコラムはWinds!(ウィンズ)が厳選した
“天然人”によって作成されている「天然人語」です。

コラムは原則毎週月曜日更新です。


2019年10月21日
雨再記

今年の梅雨頃に書いたのに頭から離れないので、また雨を取り上げてみる。だからと言って特別に主張があるわけではないが、ずっと気になっていることがある。
近頃関東から東北を縦断した台風は、長野県を含め甚大な被害をもたらした。再度お見舞い申し上げます。郡上では、台風一過とはいかないまでも、穏やかな秋の気配を感じている。ここ二三日は雨だが、例によって吉田川を眺めても、それほど水は出ていなかった。
「天」の音は「テン」、訓は「あま」「あめ」である。「天野原−振り避けみれば」では「あま」 、「天鈿女命」「あめのうずめのみこと」という要領である。
同じように「雨」は「ウ」で、「雨水」は「あまみず」、「雨漏り」なら「あまもり」だから「あま」、「雨降り」なら「あめ−ふり」ということになる。
偶然の一致なのかも知れないが、深いところで繋がっているような気がしてならない。
「天」が「あま」で、「天」と「海」が関わりのあることはつとに論じられており、若いころからなぜか近しいことを実感してきた。
「海(あま、たるみ)神社」は山陽電車の垂水駅だったかのすぐ海側に鎮座する神社で、よく目にしてきた。
その当時、なぜ「海」を「あま」と読むのか分からなかった。晴れた日の水平線は空の青、海の青が連続するような気がして、ただ何となく当たり前だろうと感じていた。しかし、「海人」「海女」がいずれも「あま」と読むのと整合性が取れなかったように記憶している。
ところが「雨」の方は「天」との関連が思い浮んだのはそれほど古い事ではない。「雨」が象形字だとご存じでしたか。
『説文』では「雨 水從雲下也 一象天 冂象雲 水霝其量蕁廖塀衆貶啣治娃毅魁砲箸覆辰討い襦「雨」の上の「一」は「天」を、「冂」は雲を、「氺」は水を表している。古文もまた象形で「𠕲」となっており、雲から降る雨粒が強調されてなかなか面白い。私はこの形が結構気に入っている。
つまり雨もまた天の為せるもので、人に恵みも災いももたらす。空から降るのは何も雨に限ったことではないが、余程寒いところは別として、人は多く雨を思い浮かべるのではなかろうか。我々の先祖は土砂崩れや川の氾濫というような大自然の脅威を恐れ、大蛇がこれらを起こしているというような話をつくってきた。
逆に雨が降らずに干ばつになると、何らかの犠牲を神に供え、雨乞いしなければならなかった。いずれにしても、雨が我々の生活に直接かかわることを身に染みて知っていた。「天」「雨」共に「あま」「あめ」と読むのは偶然でない気がするのだ。
この時期、雨に当たると体が冷えてしまうので、しっかり雨具を用意している。
髭じいさん

最近のコラム
2019/10/21雨再記
2019/10/15台風
2019/10/07隣国
2019/09/30目が鬱陶しい
2019/09/24「自」について


2019年バックナンバー
2018年バックナンバー
2017年バックナンバー
2016年バックナンバー
2015年バックナンバー
2014年バックナンバー
2013年バックナンバー
2012年バックナンバー
2011年バックナンバー
2010年バックナンバー
2009年バックナンバー
2008年バックナンバー
2007年バックナンバー
2006年バックナンバー
2005年バックナンバー
2004年バックナンバー
2003年バックナンバー
2002年バックナンバー
2001年バックナンバー
2000年バックナンバー
今週のコラムへのご意見・ご感想または
コラムニストへの励ましのメールはこちらまで。

※当日が祝日または予期せぬ事情等により更新が遅れる場合は、火曜日以降になります。


当ページはInternet Explorer4.0以降を推奨しています。


Copyright(C)1999-2013 Winds! All Rights Reserved.
Copyright(C)1999-2013 Winds! All Right Reserved. 文章・写真・イラストの無断転載を禁じます。 Produced by パブリックシステム株式会社