Winds!地域スタッフ通信
LOCAL HOMEPAGE YOU WANT TO FIND OUT

地域情報マガジン・ウィンズ
白河市(しらかわし)
トップへ > 福島県
total access 10708
【 陸奥の玄関・白河 】
古(いにしえ)より歌で知られた白河の関は歌枕にもなっている名所かと思いますが、縁あって東京(目黒)から移り住んで15年になり、この地を終の棲家と決めて、様々な人と人との触れ合いを通じて知り得た白河を随時紹介してゆきたいと思います。よろしくおねがいいたします。
地域&観光情報リンク集へ
地域ニュース おすすめ情報 街のリンク集 ふるさと掲示板 スタッフのヒトリゴト

2018319

白河を世界平和都市に 赤い靴はいてた女の子【白河編】
 シリーズで「赤い靴はいてた女の子」を既に2冊出していますが、この3月3日完結編として【白河編】を刊行しました。
こども達の教育資料として横浜市教育委員会には10冊送らせていただきましたし、私は目黒からここ白河に縁あって越してきたこともあって、戦時中学童疎開で東京目黒区の五本木小学校の生徒368名を白河で受け入れてもいますので、新たな交流を模索しています。白河市は歴史文化財でまちづくりを推進していますので、いままでは余り重視していなかった古代の白河を、この本の発刊を契機に様々に提案させていただきたいと思っています。
とかく低迷している白河の印象があるかと思いますが、この本を土台に復興と言うよりは、全く新しい角度から白河を見る事に成るかと、新しい交流、隣を見れば異国人、そんな交流の場になれば、それが正に国際平和都市なのだと思います。それには、先ずは子供たちの教育、人材育成からでしょう。

shirakawa.welcome-fukushima.com
おすすめ情報 街のリンク集 ふるさと掲示板


2018年3月4日
歴史と文化を活かした町
2016年4月7日
那須・白河新都構想
2015年12月9日
母と暮らせば
2014年11月23日
白河の子供も同じです。
2013年10月30日
白河を変えたい
2013年2月13日
続・白河流おもてなし
2013年2月13日
白河流のおもてなし
2012年10月15日
白河へおいでませ。
2018年3月4日
歴史と文化を活かした町

白河では第2次総合計画を実施中ですが、中でも重点戦略プランとして「白河の歴史と文化を活かしたまちづくり」がある。私にとっては、やっとこさきみちゃんの出番が来たかの思いです。と言うのは、そんな目的でシリーズとしてきた「赤い靴はいてた女の子」の完結編をこの3月3日に上梓する事ができたからです。これによって、女子の教育に重きを置くべきと訴え続けてきたその成果が期待できそうです。なにせ、日本は卑弥呼、天照大神、大日如来と女系と思われる大先達が居られての大和心の国まほろばだと訴え続けてきましたので、それを思うとここ白河が古代を語らずに松平定信一辺倒は誠に遺憾でありました。この時期が天皇退位と重なったのも偶然では無いと、今や自画自賛、白河に来て15年、平成30年は正に白河にとって平和祈願元年、子供たちにとって希望元年になるのではないか、いやそうしなければと心新たにしています。女系天皇があって良い、これも可能性が見えてきましたね。
スタッフのヒトリゴト 街のリンク集 ふるさと掲示板
きんちゃん ←スタッフへお問合せする!(★「ふるさと掲示板」でもお待ちしています)
秋田の誇り、東北の絆?夏の高校野球、金足農の活躍が大フィーバ。でも、ちと褒めすぎではないかな。
戊辰戦争が終わって150年。いつ頃から歌われていたのかは知らないが「秋田県民歌」が県民の誇りとして歌い継がれていた。その歌詞は、

   篤胤信淵 巨人の訓
  久遠にかがやく北斗と高く 
  錦旗を護りし戊辰の栄は
   矢留の城頭 花とぞ薫る
   歴史はかぐわし 誉れの秋田

秋田藩は最初に奥羽列藩同盟に参加するが途中離脱を決断、その翻意を促すために仙台藩の使者が秋田藩を訪れるがこれを殺害、城下に晒し首とした。秋田戦争は会津藩の降伏によって終わるが、秋田藩は官軍として栄えある維新の勝者としてその名を連ねることになった。この歌は、これを誉れとし、誇りとして歌った歌だろう。よって秋田は東北の裏切り者と呼ばれる。この歴史を金足農のピッチャー吉田君は知ってか知らずか、東北の応援をバックに勝ちますと。それはあまりにも手前勝手。
歴史にたらればは無いだろうが、秋田藩が離脱をしていなければ戦局は大きく変わって東北にこそ錦の御旗がたなびいて、平和志向である東北の時代が150年続いて戦争の無い日本だったのにと。ま、金足農ナインの健闘は称えたいが、県としてはしゃぎ過ぎだろう。
  http://shirakawa315.com/sightseeing/komine.html

県ページへ戻る / トップへ戻る
●当ページはInternet Explorer4.0以降を推奨しています。●
Explorer4.0以降を手に入れよう!
  Copyright(C)1999-2018 Winds! All Rights Reseved.
管理