Winds!地域スタッフ通信
LOCAL HOMEPAGE YOU WANT TO FIND OUT

地域情報マガジン・ウィンズ
白河市(しらかわし)
トップへ > 福島県
total access 11616
【 陸奥の玄関・白河 】
古(いにしえ)より歌で知られた白河の関は歌枕にもなっている名所かと思いますが、縁あって東京(目黒)から移り住んで15年になり、この地を終の棲家と決めて、様々な人と人との触れ合いを通じて知り得た白河を随時紹介してゆきたいと思います。よろしくおねがいいたします。
地域&観光情報リンク集へ
地域ニュース おすすめ情報 街のリンク集 ふるさと掲示板 スタッフのヒトリゴト

2018115

霞が関〜白河の関(旧奥州街道)その1 甦れ、律令国家白河
 =まほろん 福島県文化財センター 白河館からのお知らせ=

 11月18日(日)
まほろん感謝デー 今年の秋は弥生三昧。お楽しみ抽選会を2回開催!弥生グッズ新発売!
来て!見て!触れて!イベント開催時間9時30分〜16時00分
特別開催
いわきアクアマリンの移動水族館画やってくる!
11月17日(土)13:00〜16:00
11月18日(日)9:30〜15:00
=体験メニュー=
《無料》
*シールラリー*弥生カフェ*弓矢体験*ブンブンごま*ペーパーつむごま
《有料》
*アメぞく細工*ミニ石包丁ペンダント*ぼうすい(紡錘)こま*弥生つぼ形ペン立*銅剣形ピンバッチ等
詳しくはホームページ:まほろん⇒検索
電話:0248−21−0700

同時に分かりやすい展示解説を行います。
「てんのうやま遺跡って、なあに?」
時間12:30〜12:45

shirakawa.welcome-fukushima.com
おすすめ情報 街のリンク集 ふるさと掲示板


2019年6月12日
歌の町
2018年11月6日
まほろんYAYOIセミナ
2018年3月4日
歴史と文化を活かした町
2016年4月7日
那須・白河新都構想
2015年12月9日
母と暮らせば
2014年11月23日
白河の子供も同じです。
2013年10月30日
白河を変えたい
2013年2月13日
続・白河流おもてなし
2019年6月12日
歌の町
白河を花の町、馬の町等とご紹介してきましたが、万葉集の令和と言う新元号に替わって、既に芭蕉の奥の細道などで知られていますが、改めて《歌の町》として紹介して行こうと思っています。
直近の子供の不遇の痛ましい事件が重なり、直接には私が住む「みさか」という新興住宅でも子供見守り隊の成り手が高齢化によりいなくなったなどがあります。そこで、集団登校時の見守り隊の一人として参加する事にしました。常日頃自宅の前を無言でぞろぞろ歩いて登校する子供たちを見ていますので、私は自分の子供の頃を思い出し、童謡「歌の町」をみんなで歌いながら登校しようと思います。「うるさい!」って言われるかな?

    歌の町

 よい子が住んでる よい町は 楽しい 楽しい 歌の町
   花屋は ちょきちょき ちょっきんな
       かじ屋は かちかち かっちんな

「かじ屋ってなあに?」なんて言われるだろうな。その時は私が長年ボランテイア活動している博物館「まほろん」に連れて行って野外展示してあるかじ屋を見せます。大きな「ふいご」もありますよ。
 

スタッフのヒトリゴト 街のリンク集 ふるさと掲示板
きんちゃん ←スタッフへお問合せする!(★「ふるさと掲示板」でもお待ちしています)
驚いたなもう!私はあの東北大震災以来8年強、新白河駅前のコミュニテイーセンターで高齢者サロンなる月一度の会合を一度の休み無しに開催して今日はその○○回目で、20人ほどの集まりですけど、殆どが70歳を超えていて私自身が79歳で丁度中ほど。恒例としている会の初めに歌う季節の歌、私は8月と言えば誰もが知っていると思う童謡「花火」を選んで黒板に「花火」の歌詞を書いた。
♪どんとなった花火だきれいだな、そらいっぱいにひろがった、しだれやなぎがひろがった♪
♪ドンとなったなんびゃく赤いほし、いちどにかわって青いほし、もいちどかわって金のほし♪
これを見ていた6歳私より年下のスタッフが「この歌知りません」と。もちろん孫と歌ったことも無いと。「な、何〜」ですよね。歌詞を知らないどころか、メロデイーも聞いた事がないんだそうで、それでも半数の人は黒板の歌詞を見ずに歌ってくれましたが、この差って不気味だよね。広島、長崎と戦争を知らない世代の平和宣言だが「日本、大丈夫なのか」と思う。こんな素晴らしい童謡を歴史から消して良いものなのだろうか?ちなみにこの歌は昭和16年に作られた歌。私が生まれた翌年だ、戦時色真っただ中、12月8日に真珠湾攻撃。
戦時中にこんな素晴らしい童謡を作った先人を誇りに思わないのか?日本の誇りある歴史が泣いている、戦争を知る最後の世代と自負する私の憂国の思いは止まらない。8月15日がもうすぐだが、、、。
  http://shirakawa315.com/sightseeing/komine.html

県ページへ戻る / トップへ戻る
●当ページはInternet Explorer4.0以降を推奨しています。●
Explorer4.0以降を手に入れよう!
  Copyright(C)1999-2019 Winds! All Rights Reseved.
管理