Winds!地域スタッフ通信
LOCAL HOMEPAGE YOU WANT TO FIND OUT

地域情報マガジン・ウィンズ
白河市(しらかわし)
トップへ > 福島県
total access 12371
【 陸奥の玄関・白河 】
古(いにしえ)より歌で知られた白河の関は歌枕にもなっている名所かと思いますが、縁あって東京(目黒)から移り住んで15年になり、この地を終の棲家と決めて、様々な人と人との触れ合いを通じて知り得た白河を随時紹介してゆきたいと思います。よろしくおねがいいたします。
地域&観光情報リンク集へ
地域ニュース おすすめ情報 街のリンク集 ふるさと掲示板 スタッフのヒトリゴト

20191222

2020年まほろん1.2.3月のおしらせ 企画展「ふくしま鉄ものがたり」
 =まほろん 福島県文化財センター 白河館からのお知らせ=

 2月1日(土)〜3月29日(日)

  〜鉄滓(さい)の山から読みとく歴史〜
福島県域は、かつて古代律令国家を代表する鐵生産地でした。とりわけ、浜通り地方には7世紀後半から10世紀前半までの製鉄遺跡が集中しています。列島各地の製鉄技術の影響を受けながら、福島県域独自の技術へ革新した実態を考古学や金属学の立場から解き明かします。
    時間・9:30分〜17:00
    場所・特別展示室 入場/無料

www.mahoron.fcp.oc.jp
おすすめ情報 街のリンク集 ふるさと掲示板


2019年6月12日
歌の町
2018年11月6日
まほろんYAYOIセミナ
2018年3月4日
歴史と文化を活かした町
2016年4月7日
那須・白河新都構想
2015年12月9日
母と暮らせば
2014年11月23日
白河の子供も同じです。
2013年10月30日
白河を変えたい
2013年2月13日
続・白河流おもてなし
2019年6月12日
歌の町
白河を花の町、馬の町等とご紹介してきましたが、万葉集の令和と言う新元号に替わって、既に芭蕉の奥の細道などで知られていますが、改めて《歌の町》として紹介して行こうと思っています。
直近の子供の不遇の痛ましい事件が重なり、直接には私が住む「みさか」という新興住宅でも子供見守り隊の成り手が高齢化によりいなくなったなどがあります。そこで、集団登校時の見守り隊の一人として参加する事にしました。常日頃自宅の前を無言でぞろぞろ歩いて登校する子供たちを見ていますので、私は自分の子供の頃を思い出し、童謡「歌の町」をみんなで歌いながら登校しようと思います。「うるさい!」って言われるかな?

    歌の町

 よい子が住んでる よい町は 楽しい 楽しい 歌の町
   花屋は ちょきちょき ちょっきんな
       かじ屋は かちかち かっちんな

「かじ屋ってなあに?」なんて言われるだろうな。その時は私が長年ボランテイア活動している博物館「まほろん」に連れて行って野外展示してあるかじ屋を見せます。大きな「ふいご」もありますよ。
 

スタッフのヒトリゴト 街のリンク集 ふるさと掲示板
きんちゃん ←スタッフへお問合せする!(★「ふるさと掲示板」でもお待ちしています)
愛子様ご卒業おめでとうございます。
更には学習院大学の日本語日本文学科ご入学おめでとうございます。学習院大学には素晴らしい学科があるんですね、この学科が有るから学習院大学を選択されたのでしょう、辛抱に辛抱を重ねての今がある愛子様のご成長ぶりに心よりお祝い申し上げます。勿論天皇皇后の溢れる愛の下で叶った希望に溢れる選択だったとご推察します。しかも、御卒業、ご入学という節目に新型コロナウイルス騒動が重なり大変な国難のこの時期子供たちをはじめ多くの国民が我慢を強いられている中、本当に明るいニュースになったと愛子様の持たれる宿命をも感じてしまいます。愛子様のこれからのご成長が、日本の子供たちに大きな希望、明るい未来に重なるでしょう。我慢と辛抱は似ているようで全く違います。日本語の素晴らしさを学べば良く分かる筈です。我慢は自分の意に反して強いられる、辛抱はまさに読んで字の如く辛い事ですが本意を遂げるための努力です。辛抱と言う
一本の棒を付け足せばまさに幸せとなるのです。実際に辛抱を重ねて来られた愛子様が学ばれる日本語日本文学、まばゆいばかりの希望、未来となって日本の、世界の子供たちの星になって欲しいですね。
  http://shirakawa315.com/sightseeing/komine.html

県ページへ戻る / トップへ戻る
●当ページはInternet Explorer4.0以降を推奨しています。●
Explorer4.0以降を手に入れよう!
  Copyright(C)1999-2020 Winds! All Rights Reseved.
管理