Winds!地域スタッフ通信
LOCAL HOMEPAGE YOU WANT TO FIND OUT

地域情報マガジン・ウィンズ
白河市(しらかわし)
トップへ > 福島県
total access 12166
【 陸奥の玄関・白河 】
古(いにしえ)より歌で知られた白河の関は歌枕にもなっている名所かと思いますが、縁あって東京(目黒)から移り住んで15年になり、この地を終の棲家と決めて、様々な人と人との触れ合いを通じて知り得た白河を随時紹介してゆきたいと思います。よろしくおねがいいたします。
地域&観光情報リンク集へ
地域ニュース おすすめ情報 街のリンク集 ふるさと掲示板 スタッフのヒトリゴト

20191222

2020年まほろん1.2.3月のおしらせ 企画展「ふくしま鉄ものがたり」
 =まほろん 福島県文化財センター 白河館からのお知らせ=

 2月1日(土)〜3月29日(日)

  〜鉄滓(さい)の山から読みとく歴史〜
福島県域は、かつて古代律令国家を代表する鐵生産地でした。とりわけ、浜通り地方には7世紀後半から10世紀前半までの製鉄遺跡が集中しています。列島各地の製鉄技術の影響を受けながら、福島県域独自の技術へ革新した実態を考古学や金属学の立場から解き明かします。
    時間・9:30分〜17:00
    場所・特別展示室 入場/無料

www.mahoron.fcp.oc.jp
おすすめ情報 街のリンク集 ふるさと掲示板


2019年6月12日
歌の町
2018年11月6日
まほろんYAYOIセミナ
2018年3月4日
歴史と文化を活かした町
2016年4月7日
那須・白河新都構想
2015年12月9日
母と暮らせば
2014年11月23日
白河の子供も同じです。
2013年10月30日
白河を変えたい
2013年2月13日
続・白河流おもてなし
2019年6月12日
歌の町
白河を花の町、馬の町等とご紹介してきましたが、万葉集の令和と言う新元号に替わって、既に芭蕉の奥の細道などで知られていますが、改めて《歌の町》として紹介して行こうと思っています。
直近の子供の不遇の痛ましい事件が重なり、直接には私が住む「みさか」という新興住宅でも子供見守り隊の成り手が高齢化によりいなくなったなどがあります。そこで、集団登校時の見守り隊の一人として参加する事にしました。常日頃自宅の前を無言でぞろぞろ歩いて登校する子供たちを見ていますので、私は自分の子供の頃を思い出し、童謡「歌の町」をみんなで歌いながら登校しようと思います。「うるさい!」って言われるかな?

    歌の町

 よい子が住んでる よい町は 楽しい 楽しい 歌の町
   花屋は ちょきちょき ちょっきんな
       かじ屋は かちかち かっちんな

「かじ屋ってなあに?」なんて言われるだろうな。その時は私が長年ボランテイア活動している博物館「まほろん」に連れて行って野外展示してあるかじ屋を見せます。大きな「ふいご」もありますよ。
 

スタッフのヒトリゴト 街のリンク集 ふるさと掲示板
きんちゃん ←スタッフへお問合せする!(★「ふるさと掲示板」でもお待ちしています)
明けましておめでとうございます。本年も白河をはじめ、東北をよろしく!そんな中大変な朗報が飛び込んできました。箱根駅伝、大会新記録で青学V奪還!何が朗報かって?実は私事ですが、私は青学のOB、陸上部ではなく馬術部ではありますが。それだけじゃ「お前の朗報なんか聞きたくない」となりますが、私事だけではなくここ白河には青学のOBがたくさんおられるんです。その代表が何といっても芭蕉の奥の細道のスタートとなる白河の境の明神前に白河の関守として茶屋「南部屋」を寛文元年(1661年)以来営々と営んでおられる石井家の石井勝弥氏が青学神学部OB。氏は私が師と仰ぐ石井浩然先生の御父上、ご一族の皆さんが男女問わず青学出。氏は戸長、県会議員、牧師、南部屋の12代当主と大変な経歴の持ち主。これに影響されて白河には青学OBが沢山おられるのです。そんな関係で白河に青学神学部があってもよいのではと私は密かに画策しています。青学の完全優勝は白河のみならず東北にとっても朗報です。万歳!ついでながら、明神のある白坂は駅伝の正に駅でもありましたヨ。
  http://shirakawa315.com/sightseeing/komine.html

県ページへ戻る / トップへ戻る
●当ページはInternet Explorer4.0以降を推奨しています。●
Explorer4.0以降を手に入れよう!
  Copyright(C)1999-2020 Winds! All Rights Reseved.
管理