シリーズ田舎探訪 長野県安曇野市
安曇野は自然も人も気持ちイイ! Iターン者に優しい信州安曇野の魅力
 安曇野とは、北アルプスの主峰槍ヶ岳を源流とする梓川と高瀬川という2本の川に挟まれた扇状地の総称で、臼井吉見が描いた小説「安曇野」から広く知られるようになりました。元々は海の民である「安曇族」が移り住んだのが語源と言われ、現在でも穂高神社の「お船祭り」がその名残をとどめています。
 これまで安曇野という行政区域はありませんでしたが、10月1日に旧5町村(穂高町、豊科町、明科町、三郷村、堀金村)が合併し「安曇野市」が誕生しました。これにより安曇野は、新たに誕生した安曇野市と隣接する池田町松川村の3市町村の範囲ということになりました。

安曇野の魅力
 安曇野の魅力は、主峰常念岳を中心とする雄大な北アルプスと、清らかな湧き水が育むわさび田や豊かに広がる田園風景の景観です。
 又、点在する道祖神や個性的な美術館等、歴史や文化を身近に感じることができるのも大きな魅力です。
 安曇野はいわゆる大型バスで観光ポイントを周遊するような観光地ではありません。地図を片手に気の向くままに、できれば自転車や徒歩でのんびり散策することをおすすめします。
水鏡のような6月の田んぼとわさび田
田んぼが水鏡のようになる6月と稲穂が黄金色に染まる9月は、安曇野らしい美しい表情を見せてくれます。
夏の田園風景
秋の田園風景



安曇野に暮らす
 私は安曇野に魅せられて10年前にIターンしましたが、都会からのIターン者が多いのも安曇野の特徴です。旧穂高町の人口はこの20年間に約1万人も増えましたが、その3分の一程度はIターン者と言われています。
安曇野が選ばれる理由には、「北アルプスの景観と豊かな自然」「雪が少なく晴天が多い気候」「交通の良さと生活の利便さ」等いくつかあります。海外駐在暦の長い知人が、ここはニューヨーク郊外と大して変わらないと褒め称えるほど、安曇野には適度な都会感覚が存在しています。
「周囲にIターン者が多い安心感」も大きな理由のひとつです。Iターン同士の横の交流をと発足した新・信州人倶楽部は、現在60家族にも増えています。
安曇野へのIターン者は決して特別な人ではなく、主に首都圏や近畿圏に住むごく普通のサラリーマン世帯です。年代的に最も多いのは「50歳代の夫婦」で、「30歳代のファミリー」が続いています。団塊世代の大量定年時期が近づいていることもあり、最近は特に50歳代後半でIターンする方が増えています。



安曇野を眺める
 安曇野には景色の良いポイントが数多くありますが、一番のおすすめは東山に位置する標高934Mの長峰山です。
長峰山は安曇野の展望台とも言われ、眼下に広がる安曇野の田園風景と常念岳から白馬連峰へと続く北アルプスの大パノラマはまさに絶景です。
山頂へは麓の長峰荘から歩いて約1時間ですが、舗装道を通って車で行くこともできます。
長峰山から南の尾根つたいにある桜の山「光城山」
長峰山から南の尾根つたいには、桜の山として知られている光城山があります。毎年4月下旬には麓から山頂へ続く登山道が桜の花でピンク色に染まり、花見を楽しむ多くの家族連れで賑わいます。



安曇野を楽しむ
アルプスあづみの公園
 昨年7月に全国で14番目の国営公園となる「アルプスあづみの公園」が開園しました。ここでは、安曇野の自然と文化を気軽に楽しむことができるようになっています。安曇野の豊かな自然景観を生かした多彩な体験プログラムが大きな特徴で、パートナーと呼ばれる地域住民がボランティアとして公園の運営に積極的に関わっています。
 国営公園の開発には賛否両論があり人工的過ぎるとの批判もありますが、この公園が今後の安曇野の景観を考えるひとつのきっかけになり、景観に対する世論が高まっていくことを期待しています。



安曇野を味わう
 安曇野には都会の有名店で修行したIターンオーナーも多く、魅力的な飲食店が数多くあります。その中でも私のお気に入りは、カジュアルなイタリアンレストラン「ピッコラーナ」です。
 豊科IC近くの安曇野の田園地帯にあり、窓からは安曇野のシンボル常念岳が一望できます。
 自慢のスパゲティは大皿一杯のボリューム満点で、観光客だけでなく地元の常連客にも人気があります。
 おすすめは卵と生クリームをたっぷり使った「カルボナーラスパゲティ」。とにかく量が多いので、何種類かをまとめて注文し、みんなで取り分けて食べることをおすすめします。
イタリアンレストラン「ピッコラーナ」
イタリアンレストラン「ピッコラーナ」
 

わりに
今回紹介したのは安曇野の魅力のほんの一部に過ぎず、とても全てを紹介する事はできません。まだ安曇野を訪れたことのない方は、ぜひ一度安曇野へ出かけてみてください。きっとあなただけのお気に入りの安曇野が見つかりますよ。
−安曇野市穂高地域スタッフ : 安曇野ライフ−


今回の特集は、長野県安曇野市穂高の地域スタッフ安曇野ライフさんです。
安曇野ライフさんのプロフィール
安曇野の地域情報「安曇野ライフ.com」というサイトを運営しています。安曇野が気に入って埼玉からIターンしました。安曇野での田舎暮らしを応援する不動産コンサルティング事務所をやっていますので、Iターンをお考えの方は気軽に相談してください。よろしくお願いします!
安曇野ライフ:筆者のホームページ。単なる観光地とは違う安曇野の素朴な魅力をご紹介。
安曇野コラム:安曇野の地域、自然、文化、まちづくり、不動産、Iターン等に関する情報をコラム形式でご紹介。






■バックナンバー

自然と歴史の町 羽咋  (2009/09/16 石川県羽咋市)

家康公 生誕の地  (2009/07/16 愛知県岡崎市)

高賀山大本神宮 関市  (2009/07/16 岐阜県関市)

正一位洲原神社  (2009/06/16 岐阜県美濃市)

那比神宮祭り 郡上市  (2008/04/18 岐阜県郡上市)

ニュージーランドへようこそ  (2008/01/16 ニュージーランド)

山紫水明の地 阿賀野市  (2007/07/11 新潟県阿賀野市)

国際平和文化都市 広島  (2007/06/01 広島県広島市)

近江商人の町 近江八幡  (2007/05/01 滋賀県近江八幡市)

出雲大社 いずもおおやしろ  (2007/03/01 島根県出雲市)

唐人物語(ラシャメンのうた)の舞台を訪ねて 
(2007/02/01 静岡県下田市)

あおによし奈良の都の世界遺産 (2006/12/01 奈良県奈良市)

宮澤賢治の足跡を訪ねて (2006/11/01 岩手県南花巻市)

上杉景勝公のふるさとを訪ねて (2006/09/16 新潟県南魚沼市)

中山道を行く その一
(2006/09/01 岐阜県中津川市・長野県南木曽町)

天上の上高地 (2006/08/01 長野県松本市)
変わりゆく動物園 (2006/07/16 北海道札幌市) 海と、山と、空と、風と。。。 (2006/07/01 神奈川県逗子市)
ぎふ・あかり灯ウォーク (2006/06/16 岐阜県岐阜市) 七ヶ浜ちょこっとドライブ (2006/06/01 宮城県七ヶ浜町)
柏LOHAS (2006/05/16 千葉県柏市) misakin風 練馬の楽しみ方 (2006/05/01 東京都練馬区)
思い出の中のふるさと (2006/04/16 熊本県あさぎり町) 人道の丘をたずねて (2006/04/01 岐阜県八百津町)
よかとこ霧島、自然がいっぱい「みやこんじょ」
 (2006/03/16 宮崎県都城市)
本の楽しさを伝えたい (2006/03/01 愛知県新城市作手)
町家カフェでお雛様を愛でる (2006/02/16 岐阜県郡上市八幡町) 匠の伝承「伏見人形」 (2006/02/01 京都府京都市伏見区)
円空さん (2006/01/16 岐阜県羽島市) 歳の初めのえべっさん! (2006/01/01 大阪市浪速区今宮戎神社)
山梨県立博物館「かいじあむ」 (2005/12/16 山梨県笛吹市) お千代保稲荷おもしろ参道 (2005/12/01 岐阜県海津市平田町)
しだれ桑 (2005/11/16 福島県伊達市梁川町) うだつと和紙の商家町 (2005/11/01 岐阜県美濃市)
ウンメさげの生まれるまち (2005/10/16 秋田県由利本荘市) 安曇野は自然も人も気持ちイイ!! (2005/10/01 長野県安曇野市)


Winds!トップページ / 日本探訪【地域情報】