シリーズ田舎探訪 山梨県笛吹市
 
山梨の自然と人が集まる理想の博物館
10月15日にオープンした山梨県立博物館「かいじあむ」は、県内各地の自然、文化遺産や文化施設などと結びつき、それらと相互に連携しながら地域の文化振興や活性化をもたらす、いわばネットワーク博物館(ハブ博物館)です。





 昭和20年7月6日深夜、甲府市中心部に空襲。2時間程に971,4tの焼夷弾が落とされ、甲府の街は一部を除いて焦土と化し、1127名の犠牲者を出しました。その他の町村にも小型機による空襲があり、現在の大月、富士吉田、南アルプス市などで、また、8月13日には大月で登校中の学生20名を含む54名の命が犠牲となりました。
 長引く戦争のなか食糧増産の為に、昭和15年(1940)頃から桑畑や果樹園の作付転換が進められ、太平洋戦争中期には製糸工場の整理が相次ぎ、19年(1944)にはソナー等に使用された酒石酸生産の為に、ぶどうの生食が禁止にされました。県下のワイン醸造業は、酒石酸を採取した後の酸味の強い製品の為に声望を落とし、戦後の復権まで待たねばなりませんでした。
  共生する社会 「人と人との共生―山梨と戦争―」
共生する社会  「人と人との共生―山梨と戦争―」

山梨の自然を知る

  山梨は県土の78%を山林が占め、山林資源に恵まれた県でしたが、明治14年(1881)に多くの山林が官有化されると、従来の山林利用の慣行が崩れ林政が混乱、荒廃が進みました。また、全国屈指の機械製糸県であった為、産業エネルギーとして薪炭の需要が高まり、山林の伐採が進行していました。当時の年間の木材伐採量は約100万m3、樹木成長量は70万m3足らずと想定されており、山林の荒廃は顕著であり危機認識もされていたのだが・・・。
  明治40年(1907)8月21日夜半、2つの台風が日本に接近するとともに降り出した雨や、3年後の8月にも大水害に見舞われました。
 戦争による荒廃により、昭和20年代初頭は、洪水による被害が頻発し、昭和34年(1959)8月と41年(1966)9月の台風により多くの犠牲者・被害を出しました。
 その後、米国アイオワ州(友好姉妹都市)や国内各地からの援助により山梨は復興へ向かい、また、砂防事業などの土木工事の進展によって治水工事が進み、県の水害被害は小さく抑えられるようになりました。
しかし、水害を全くなくす事はできません。山梨の自然と人との関わりのなかに、こうした自然の働きかけに対する経験や知恵を、学んでいかなければなりません。

  共存する社会 「自然と人との共生―明治40年の大水害―」
共存する社会 「自然と人との共生―明治40年の大水害―」

博物館にふれる

 「かいじあむ」はただの博物館ではありません。自らが参加し体験する事で、山梨の歴史・自然・文化・産業にふれ、山梨を知る事ができる博物館です。
【導入展示 山梨の舞台】
迫力ある立体パネルと、高精細の衛星写真により、山梨の地形・地理を案内。
山梨の舞台   【導入展示 シンボル展示】
国宝、重要文化財など、山梨を代表する様々な資料を、期間限定で紹介。
シンボル展示「善光寺所蔵 木造 阿弥陀如来及両脇侍像 」
 
【鑑賞・学習型展示】
山梨の自然と人をテーマに、山梨の多様な歴史と文化を、実物資料や映像・模型などで紹介。
  【体験型展示
   歴史の体験工房】

昔の衣装に身を包み、街道を旅し、寺子屋に学び、城下町を探検など、様々な体験を通して、歴史の楽しさを体感。

【開館記念特別展】

「よみがえる武田信玄の世界」
     06/03/28(火)〜06/05/14(日)
甲斐国から全国にその名をとどろかせた武将「武田信玄」。
絵画、工芸、古文書などの最新の研究成果からその実像を探り、現代の人々に語り継がれてきた信玄の、イメージや伝説を紹介。

 
山梨県立博物館「かいじあむ」
・開館時間 9:30〜17:00(入館は16:30)
・休館日  月曜(祝日の場合は開館、翌日休)
        祝日の翌日(土曜が祝日の場合、日曜は開館)
        12/29〜1/1
・観覧料  一般500円、高校・大学生210円、小中学生100円
        団体料金あり(20名以上) 
・交  通  中央自動車道一宮・御阪ICから車で約8分
・お問合せ TEL:055-261-2631/ FAX:055-261-2632


今回の特集は、山梨県甲府市の地域スタッフ地域情報@山梨さんです。
地域情報@山梨さんのプロフィール
富士山を当然のように日々眺め、夏の猛暑と冬の酷寒に耐え、東京都の隣県でありながら、関東圏の人たちにすら忘れられがちな地方都市『甲府市』。一見地味に見えるかもしれないが、特有の県民性と文化風習、そして甲府盆地を取り巻く雄大な自然美には目を見張る。宝石のように知るほどに輝きを増し、ワインのように味わい深い『甲府市』。そしてそれを包含する『山梨県』。Winds! を通じて 地域情報@山梨がお伝えします。
★今回の取材にご協力下さいました。
 山梨県立博物館「かいじあむ」様 / 山梨観光&物産まるかじり様 / 地域さがし@山梨




■バックナンバー

自然と歴史の町 羽咋  (2009/09/16 石川県羽咋市)

家康公 生誕の地  (2009/07/16 愛知県岡崎市)

高賀山大本神宮 関市  (2009/07/16 岐阜県関市)

正一位洲原神社  (2009/06/16 岐阜県美濃市)

那比神宮祭り 郡上市  (2008/04/18 岐阜県郡上市)

ニュージーランドへようこそ  (2008/01/16 ニュージーランド)

山紫水明の地 阿賀野市  (2007/07/11 新潟県阿賀野市)

国際平和文化都市 広島  (2007/06/01 広島県広島市)

近江商人の町 近江八幡  (2007/05/01 滋賀県近江八幡市)

出雲大社 いずもおおやしろ  (2007/03/01 島根県出雲市)

唐人物語(ラシャメンのうた)の舞台を訪ねて 
(2007/02/01 静岡県下田市)

あおによし奈良の都の世界遺産 (2006/12/01 奈良県奈良市)

宮澤賢治の足跡を訪ねて (2006/11/01 岩手県南花巻市)

上杉景勝公のふるさとを訪ねて (2006/09/16 新潟県南魚沼市)

中山道を行く その一
(2006/09/01 岐阜県中津川市・長野県南木曽町)

天上の上高地 (2006/08/01 長野県松本市)
変わりゆく動物園 (2006/07/16 北海道札幌市) 海と、山と、空と、風と。。。 (2006/07/01 神奈川県逗子市)
ぎふ・あかり灯ウォーク (2006/06/16 岐阜県岐阜市) 七ヶ浜ちょこっとドライブ (2006/06/01 宮城県七ヶ浜町)
柏LOHAS (2006/05/16 千葉県柏市) misakin風 練馬の楽しみ方 (2006/05/01 東京都練馬区)
思い出の中のふるさと (2006/04/16 熊本県あさぎり町) 人道の丘をたずねて (2006/04/01 岐阜県八百津町)
よかとこ霧島、自然がいっぱい「みやこんじょ」
 (2006/03/16 宮崎県都城市)
本の楽しさを伝えたい (2006/03/01 愛知県新城市作手)
町家カフェでお雛様を愛でる (2006/02/16 岐阜県郡上市八幡町) 匠の伝承「伏見人形」 (2006/02/01 京都府京都市伏見区)
円空さん (2006/01/16 岐阜県羽島市) 歳の初めのえべっさん! (2006/01/01 大阪市浪速区今宮戎神社)
山梨県立博物館「かいじあむ」 (2005/12/16 山梨県笛吹市) お千代保稲荷おもしろ参道 (2005/12/01 岐阜県海津市平田町)
しだれ桑 (2005/11/16 福島県伊達市梁川町) うだつと和紙の商家町 (2005/11/01 岐阜県美濃市)
ウンメさげの生まれるまち (2005/10/16 秋田県由利本荘市) 安曇野は自然も人も気持ちイイ!! (2005/10/01 長野県安曇野市)


Winds!トップページ / 日本探訪【地域情報】