シリーズ田舎探訪 岐阜県中津川市・長野県南木曽町
中山道を行くその一 〜馬籠から妻籠へ〜


『木曽路はすべて山の中である 』

島崎藤村の『夜明け前』の一節に旅情をそそられ、
岐阜県中津川市馬籠宿から、長野県南木曽町妻籠宿まで、
約7.7キロメートルの中山道を
途中、路線バスを使いながら歩いてたどってみた。

中仙道
 慶長5(1600)年の関ケ原の合戦で勝利をおさめた徳川家康は、翌年東海道の整備を手始めに順次交通網の整備に着手し、幕府が管轄する道路を定め、これらの道路に多くの宿駅を定めました。
 中山道は江戸の日本橋を起点とし、京都まで132里(約530km)の道程で、この間には69の宿場が設けられていました。本州の中部山岳地帯を縦断し、木曽を通っていたことから別名を「木曽路」とも「木曽街道」とも呼ばれていました。
 始めは『中仙道』と書かれていましたが、享保元年(1716)に、「東の海沿いの道を東海道というように、本州の中央を通る道だから『中山道』と書き改めるべきである」として、以後『中山道』と書かれるようになりました。しかし《なかせんどう》と読まれました。
 中山道は、東海道と共に江戸と京都を結ぶ大動脈でした。東海道の126里53宿に比べて遠回りではありましたが、東海道は大井川の川留めで旅の行く手を遮られたり、桑名一宮間の船旅で海難の危険が伴ったのに対して、中山道の旅にはこうした惧れが少なかったことから、京都から江戸に向かう姫君たちのほとんどは中山道を選びました。
  皇女、親王家・姫宮の降嫁の節の道筋も、殆どが中山道を利用しており、このため中山道は姫街道などともいわれました。
英泉浮世絵・馬籠峠『峠より遠望の図』
馬籠・妻籠の標識

 

馬籠
中山道案内板・標識・馬籠峠案内板
 馬籠は、平成17年2月13日に長野県山口村から越県合併しました。
 現在は岐阜県中津川市となり、年間約40万人も訪れる観光地です。
中山道から恵那山を望む。
道祖神
中山道を歩くと、恵那山がとても綺麗でした。
中山道は整備されていて、道にまようことはありません。

所々に「道祖神」や水車小屋などがあって、
見所もいっぱいで、行き交う修学旅行の高校生や
高齢者のハイキングの人たちとも 触れ合うことが出来ます。

 
中山道に家が建っていた
 

  途中、時の流れを感じさせるように、中山道の真上に家が建っていました。
  そして、その家の庭先を皆が通っていました。

本陣・脇本陣
 本陣・脇本陣はともに「公儀」宿泊休憩のための施設として、宿場には必ず設けなければなりませんでした。
 本陣は高貴な人の宿泊に備え、広大な邸宅と多くの使用人を常に抱えていなければならず、かなりの財力を必要としました。多くは世襲制で、一種の家格となっていました。
 本陣だけでは受け入れ収容に支障があるので、脇本陣も置きました。脇本陣は、建物や規模なども本陣に準じており、本陣同様世襲になっていました。
 本陣に休泊できる者は、勅使、院使、宮、門跡、公家、大名、旗本などで、一般の者は原則として利用できませんでした。本陣・脇本陣ともに貴賓客が使用する専用の部屋が設けられ、ここを「上段の間」といって他の部屋より床が15〜18センチ高く造られていました。
  また、専用の風呂場と便所があり、これらの施設はその家の家族といえども使用が禁じられていました。
馬籠脇本陣資料館
馬籠の観光名所案内

脇本陣資料館
 脇本陣蜂谷家の跡地に建ち、宿場関係の文献資料や大名宿泊の際用いられた道具などを紹介しています。

清水屋資料館
 宿役人を勤めた原家の住居で、宿場時代の古文書等を展示しています。本陣跡は藤村記念館になっています。

枡形枡形
 馬籠の南側の入り口に道路を直角に二度折り曲げた所があります。この部分の道路の山手側は切り土になっていて、城郭建築の桝形に摸して石垣を築いてあったことから、ここを「桝形」といいました。本来、宿場が軍事的な目的をもって作られていたことを示しています。




大黒屋大黒屋
 島崎藤村の『夜明け前』に伏見屋金兵衛として登場する「大黒屋」です。
 この家の十代・大脇兵右衛門が綴った『大黒屋日記』を見て、藤村が『夜明け前』を執筆する決心がついたといわれています。この家は、藤村の初恋の人「おふゆ」さんの生家としても知られています。



高札場高札場
 江戸時代、宿や村の庶民に法令を徹底させる手段として、高札場が設けられていました。高札場の管理は厳重で、古くなって墨文字が薄くて墨入れを必要とするようなときでも、藩の指示を待たねばなりませんでした。
 現在、馬籠では当時の場所に忠実に復元してありますが、その内容は正徳元年(1711)の記録のものです。


参考資料
  ・原稿の資料は馬籠観光協会のホームページを参考にしました。
  ・浮世絵≪英泉・馬籠「峠より遠望の図」は本を参考にしました。

リンク
  ・馬籠観光協会   ・妻籠観光協会

あとがき

終点妻籠です。 馬籠バス停近くのみやげもの屋さんの一角に地の野菜や季節の山菜の売り場がありました。 都会では手に入れることが出来ない、わらび・たらの芽・竹の子・こんてつ等がありました。秋にはむかごやきのこがあり店の人に調理方法を聞いて食べてみると楽しいです。
  交通が発達して忙しい現代に、江戸時代の姫や旅人に思いをめぐらせながら歩いてみるのもいいでしょう 。

 

                           終点妻籠です


 私の中山道との出会いは、若い時に読んだ有吉佐和子の著書『和宮様御留』でした。その中で、和宮が江戸に下向するとき、下向の行列が中山道を通ります。和宮は動乱の幕末に公武合体によって歴史に翻弄された女性で、身代わり説などもあって、当時、時を忘れて読んだ記憶があります。
 長い間、日常に追われ、とんと宮さんとはご無沙汰。何年か振りに垂井の友人との親交で、赤坂宿のお祭りで「和宮下向行列」があることや、近辺の宿にも幾多の人々の物語があることを聞いたのをきっかけに、気の向くまま急がない旅をしてみようと、
馴れないデジカメを持ち、普段ならとても足の届かない、東京の日本橋〜日本の道路の起点、道標にタッチして感激!〜軽井沢〜碓井峠〜和田峠。人一人がやっと通れる道、美しい石畳、渡し、長旅の疲れを癒した一理塚、当時はどんなにか賑わったかと思われる宿場・・・と軌跡をたどってみました。
 当時生きていたら、私の役柄は何かしら?さしずめ旅籠のお運びさん?と、いろんな事を思いながらたどる中山道は、点を埋めながらいつか線にできるでしょうか。(たみ)



■バックナンバー

自然と歴史の町 羽咋  (2009/09/16 石川県羽咋市)

家康公 生誕の地  (2009/07/16 愛知県岡崎市)

高賀山大本神宮 関市  (2009/07/16 岐阜県関市)

正一位洲原神社  (2009/06/16 岐阜県美濃市)

那比神宮祭り 郡上市  (2008/04/18 岐阜県郡上市)

ニュージーランドへようこそ  (2008/01/16 ニュージーランド)

山紫水明の地 阿賀野市  (2007/07/11 新潟県阿賀野市)

国際平和文化都市 広島  (2007/06/01 広島県広島市)

近江商人の町 近江八幡  (2007/05/01 滋賀県近江八幡市)

出雲大社 いずもおおやしろ  (2007/03/01 島根県出雲市)

唐人物語(ラシャメンのうた)の舞台を訪ねて 
(2007/02/01 静岡県下田市)

あおによし奈良の都の世界遺産 (2006/12/01 奈良県奈良市)

宮澤賢治の足跡を訪ねて (2006/11/01 岩手県南花巻市)

上杉景勝公のふるさとを訪ねて (2006/09/16 新潟県南魚沼市)

中山道を行く その一
(2006/09/01 岐阜県中津川市・長野県南木曽町)

天上の上高地 (2006/08/01 長野県松本市)
変わりゆく動物園 (2006/07/16 北海道札幌市) 海と、山と、空と、風と。。。 (2006/07/01 神奈川県逗子市)
ぎふ・あかり灯ウォーク (2006/06/16 岐阜県岐阜市) 七ヶ浜ちょこっとドライブ (2006/06/01 宮城県七ヶ浜町)
柏LOHAS (2006/05/16 千葉県柏市) misakin風 練馬の楽しみ方 (2006/05/01 東京都練馬区)
思い出の中のふるさと (2006/04/16 熊本県あさぎり町) 人道の丘をたずねて (2006/04/01 岐阜県八百津町)
よかとこ霧島、自然がいっぱい「みやこんじょ」
 (2006/03/16 宮崎県都城市)
本の楽しさを伝えたい (2006/03/01 愛知県新城市作手)
町家カフェでお雛様を愛でる (2006/02/16 岐阜県郡上市八幡町) 匠の伝承「伏見人形」 (2006/02/01 京都府京都市伏見区)
円空さん (2006/01/16 岐阜県羽島市) 歳の初めのえべっさん! (2006/01/01 大阪市浪速区今宮戎神社)
山梨県立博物館「かいじあむ」 (2005/12/16 山梨県笛吹市) お千代保稲荷おもしろ参道 (2005/12/01 岐阜県海津市平田町)
しだれ桑 (2005/11/16 福島県伊達市梁川町) うだつと和紙の商家町 (2005/11/01 岐阜県美濃市)
ウンメさげの生まれるまち (2005/10/16 秋田県由利本荘市) 安曇野は自然も人も気持ちイイ!! (2005/10/01 長野県安曇野市)


Winds!トップページ / 日本探訪【地域情報】