シリーズ田舎探訪 岐阜県美濃市
正一位洲原神社 岐阜県美濃市
  岐阜県美濃市須原の洲原神社、長良川の河畔に建つその社は、今から1,300年前の奈良時代に創建されたと伝えられています。境内には岐阜県や美濃市の文化財である建物がならび、歴史を伝えています。白山信仰の美濃側の入口であった洲原神社を探訪してみました。
 

正一位洲原神社
洲原神社絵図(地元の方の描いたもの)
洲原神社絵図(地元の方の描いたもの)

洲原神社は、元正天皇の養老年間に泰澄によって建立されたと言われる神社です。
泰澄は白山を信仰の山とし、白山への入口は3つありました。それぞれ加賀馬場、美濃馬場、越前馬場と云われましたが、洲原神社は、そのうちの美濃馬場の入口、白山への前宮として、白山に参拝する人々が道中の安全などを祈願しました。全盛期には、東海地方は元より、四国、九州からも参拝の人たちが訪れ、大変にぎわっていました。

また、古くは「正一位洲原白山」と呼ばれ、また「白山権現」「須原権現社」とも言われていましたが、明治の神仏分離令のときに「洲原神社」と改称し、現在にいたっています。

現在の洲原神社のご祭神は伊邪那岐命(御本殿)、伊邪那美命(御東殿)、大穴牟遅命(御西殿)となっています。
(以前は、白山信仰の主祭神である菊理媛神を祀っていたとする記述も残っています。)
また、洲原神社の裏の鶴形山には奥院があり、猿田彦、今清水、軻遇突智、菊理媛を祀っていたそうですが、今は社殿に合祀されています。

社殿はいずれも岐阜県指定の重要文化財で、江戸時代初期の建立と推定されている桧皮葺きの立派な建物です。また、境内から長良川へと続く道には楼門が建っていて、その存在感に圧倒されます。
(平成21年7月31日まで補修工事中)
境内は歴史を感じさせる建物と社叢に囲まれ、厳かな雰囲気が漂っています。

洲原神社社殿
洲原神社社殿

神石
神岩

洲原神社の祭礼
現在例大祭が四月に行われています。かつては、「神輿渡御祭」といわれ、神輿や神馬などの行列が、「みこしやすみ」(御旅所)といわれる場所まで練り歩き、参拝の人たちも遠くは尾張地方などからも多く集まったそうですが、現在は氏子も70戸あまりで、神輿をかつぐための人数も集まらないので、社殿で祭事を行っているということです。

また、かつては十一月にも大祭が行われていました。
境内から長良川に降りたところに、神石と呼ばれる大きな岩があり、ここに神様が依りつかれるそうです。祭りは、斎主がこの神岩のもとで水垢離(みずごり)を何度もとるというもので、「垢離取祭(こりとりまつり)」といわれました。
斎主は何度も水垢離を繰り返すうちに、最後には人心地を失うほどになるという奇祭だったそうですが、終戦後は休止されているとのことです。


お洲原まいり
白山信仰は、農耕的な信仰の強いものといわれていますが、その流れか、江戸時代に入ると、洲原神社は農耕と養蚕の神様として、人々の信仰を集めるようになっていきました。
洲原講という組織をつくり、人々は交代で洲原神社に参り、境内の下の砂をいただいていったといいます。
それを自分の畑に蒔くと虫がつかないといわれ、今でも愛知県や岐阜県の各地から人々がやってくるそうです。
どちらかというと近郷よりも愛知県など遠方の方の参拝が多く、そうした傾向は、洲原神社が江戸時代、尾張藩領であった名残りではないかと、宮司さんが話しておられました。
本殿
御神砂
子育て安産の霊石
子育て安産の霊石

また、境内には、尼僧の足跡ともいわれた不思議な形をした石があり、この石を女性が3度跨ぐと、子供を授かるという言い伝えがあります(子育て安産の霊石)。

また、夫婦縁結びの男桧、女桧があり、近年こうしたご利益を求めた参拝者が増えているそうです。

こうした信仰は、ご祭神の伊邪那岐命、伊邪那美命が、国産みの神としても知られる夫婦神であることや、大穴牟遅命(おおなむちのみこと)、つまりは大国主命が、出雲大社で知られる縁結びの神様であることも関係があるのかもしれません。

女桧・男桧
女桧・男桧

文化財・天然記念物


商船之図絵馬

文化財
また、歴史ある洲原神社には社殿以外にも数々の文化財が残っています。
拝殿に飾られたたくさんの絵馬、その中でも尾張藩主より寄進された「商船之図絵馬」は秀逸で、江戸時代初期の米の輸送船が詳細に描かれています。当時の人々の表情や商船の様子がわかる貴重な資料でもあり、現在は剥落など保存状態の関係で、社務所に保存されています。

このほかにも、中世から伝わる能面や根来塗の鉢など、多くの品々が岐阜県や美濃市の文化財に指定されており、歴史を伝えています。

仏法僧剥製(洲原神社蔵)

天然記念物
境内には立派な桧の木が繁り、そこには、ブッポウソウという珍しい鳥が営巣することで、国の天然記念物に指定されています。
現在はすぐ横に国道も走るようになり、営巣することはほとんどなくなってしまったそうですが、運が良ければ、境内を飛んでいる姿が見られるそうです。

また、かつて奥院のあった鶴形山は、暖地性植物の宝庫として、岐阜県の天然記念物に指定されています。
境内で行われなくなったブッポウソウの営巣も、ここではみられるようです。

天然記念物の碑


洲原神社は、実は私の住んでいる近所の神社で、前々からお参りには何度も訪れていますが、今回この稿を書くにあたり、いろいろと調べてみて、あらためて歴史と信仰の重さに圧倒されました。
しかし、長い歴史の中で、何度も被災しており(特に中世に起きたといわれる火災)、史料が少ないために謎も多い神社となっています。中でも、これだけ大きな神社であるにも関わらず、古代の神名帳に記述がないことや、周りの神社にみられる神仏混淆の痕跡がほとんどみられないことは、大きな謎となっています。
現況からは想像できませんが、門前には宿屋や食べ物屋さんなども立ち並んでいたそうで、社前の長良川には行き交う船も多数ありました。
そうした過去の歴史を頭において訪れてみると、洲原神社の違った魅力がみえてくるかもしれません。
また、近年は地元の方によって、地域の伝承の掘り起こしや、駐車場や駐輪場の整備など、神社をもりあげていこうという動きもあり、神社の周囲にはサイクリングロードも計画されているということで、ますます魅力的な場所になっていくことと思います。
私も今後も引き続き、参拝に訪れたいと思っております。


整備された駐車場

 
銅鐘
鶴形山

○洲原神社へのお問合せ 
・洲原神社社務所 (9:00〜16:00)
 岐阜県美濃市須原468−1−1
 電話・FAX 0575−32−2363 

○協力・参考文献
・洲原神社宮司 跡部亮一様
・『美濃市史 通史編 上・下巻』 美濃市 編
・『美濃市の歴史と文化財 わが郷土』 内木茂 著

○洲原神社関係リンク○
美濃市   ☆美濃市観光協会

○田舎探訪に対するご意見・ご感想をコチラまでお寄せください。

今回の特集は、ウィンズ事業部のスタッフとらさんです。
とらさんのプロフィール
子供の頃から旅が好きで、色んなところを旅しています。だけど、飛行機は苦手なので、ほとんどが国内です・・・。そんなとらさんの日常や旅先の写真、グルメ写真などをつづった写真ブログ展開中です。
>>とらさんの写真ブログ !!



■バックナンバー

自然と歴史の町 羽咋  (2009/09/16 石川県羽咋市)

家康公 生誕の地  (2009/07/16 愛知県岡崎市)

高賀山大本神宮 関市  (2009/07/16 岐阜県関市)

正一位洲原神社  (2009/06/16 岐阜県美濃市)

那比神宮祭り 郡上市  (2008/04/18 岐阜県郡上市)

ニュージーランドへようこそ  (2008/01/16 ニュージーランド)

山紫水明の地 阿賀野市  (2007/07/11 新潟県阿賀野市)

国際平和文化都市 広島  (2007/06/01 広島県広島市)

近江商人の町 近江八幡  (2007/05/01 滋賀県近江八幡市)

出雲大社 いずもおおやしろ  (2007/03/01 島根県出雲市)

唐人物語(ラシャメンのうた)の舞台を訪ねて 
(2007/02/01 静岡県下田市)

あおによし奈良の都の世界遺産 (2006/12/01 奈良県奈良市)

宮澤賢治の足跡を訪ねて (2006/11/01 岩手県南花巻市)

上杉景勝公のふるさとを訪ねて (2006/09/16 新潟県南魚沼市)

中山道を行く その一
(2006/09/01 岐阜県中津川市・長野県南木曽町)

天上の上高地 (2006/08/01 長野県松本市)
変わりゆく動物園 (2006/07/16 北海道札幌市) 海と、山と、空と、風と。。。 (2006/07/01 神奈川県逗子市)
ぎふ・あかり灯ウォーク (2006/06/16 岐阜県岐阜市) 七ヶ浜ちょこっとドライブ (2006/06/01 宮城県七ヶ浜町)
柏LOHAS (2006/05/16 千葉県柏市) misakin風 練馬の楽しみ方 (2006/05/01 東京都練馬区)
思い出の中のふるさと (2006/04/16 熊本県あさぎり町) 人道の丘をたずねて (2006/04/01 岐阜県八百津町)
よかとこ霧島、自然がいっぱい「みやこんじょ」
 (2006/03/16 宮崎県都城市)
本の楽しさを伝えたい (2006/03/01 愛知県新城市作手)
町家カフェでお雛様を愛でる (2006/02/16 岐阜県郡上市八幡町) 匠の伝承「伏見人形」 (2006/02/01 京都府京都市伏見区)
円空さん (2006/01/16 岐阜県羽島市) 歳の初めのえべっさん! (2006/01/01 大阪市浪速区今宮戎神社)
山梨県立博物館「かいじあむ」 (2005/12/16 山梨県笛吹市) お千代保稲荷おもしろ参道 (2005/12/01 岐阜県海津市平田町)
しだれ桑 (2005/11/16 福島県伊達市梁川町) うだつと和紙の商家町 (2005/11/01 岐阜県美濃市)
ウンメさげの生まれるまち (2005/10/16 秋田県由利本荘市) 安曇野は自然も人も気持ちイイ!! (2005/10/01 長野県安曇野市)


Winds!トップページ / 日本探訪【地域情報】